テニスの話をしよう

アラフォー男子、テニスに本気。さあ、テニスの話をしよう!

全米オープン2016 第9〜11日結果 錦織、マレーを破りベスト4!

f:id:mrchildbin:20160828091904j:plain

錦織がマレーをフルセットで破りベスト4に進出!

大会10日目。錦織が、これまで1勝7敗と大きく負け越していたマレーに勝ってベスト4入り。
リオ五輪では完敗でしたが、その雪辱を果たしました。

第1セット第1ゲームでいきなり0-40と3連続のブレイクポイントがあり最高の立ち上がりができるかと思われた錦織でしたが、これを取り切れませんでした。
その後、リズムの掴めない錦織はマレーのしぶといストロークに対してミスが目立ち、第4・第6ゲームをブレイクされ1-6でセットを落としてしまいます。

続く第2セット、雨による中断もあって錦織はそれまでの攻め急ぐプレーから粘り強いプレーへの切り替えをすることができました。
観ていても、明らかに第1セットの錦織とは違いました。
途中、ブレイク合戦もありましたが、錦織が6-4でセットを取ります。

第3セットは第2セットに続いてブレイク合戦の様相。
錦織のプレーは第2セット同様良かったのですが、さすが世界2位のマレー、ブレイクで1つ上回り、錦織が4-6でセットを落とします。これで錦織に後はありません。

そして迎えた第4セット。
1-1で迎えた第3ゲーム、30-40で錦織(サーブ)がブレイクのピンチを迎えていたそのポイントのラリー中に会場の音響設備から爆音が発せられ、主審はレットをコール。
この事件に苛立ったマレーはその後のポイントをことごとく落とし、錦織キープでピンチを凌ぎます。
これ以降、この第4セットでのマレーはずっとこの精神的動揺を引きずったのかプレーに精彩を欠き、6-1で錦織がセット奪取。

ついにファイナルセットにもつれ込みました。
第4セットで集中力を失ったマレーは、第1ゲームいきなりサーブゲームを落とし、錦織がブレイクに成功します。
しかし、第4ゲームでマレーがブレイクバック。
すると錦織が第5ゲームで、さらにマレーをブレイク。
今度はマレーが第8ゲームをまたもブレイクバック。
第9ゲームをマレーがキープし、マレーの5-4。
ここで錦織がブレイクされたら終わりでしたが、しっかりキープ。
そして第11ゲーム、錦織がこのセット3度目のブレイクに成功します。
2度のブレイクを跳ね返したマレーも、ついに力尽き、錦織が7-5でファイナルセットを制して勝利!

約4時間の激闘でした。

雨天中断や音響設備の不調、ネット際を飛ぶチョウチョなど色んなことがありました。
特に音響設備の不調にはマレーが非常に過敏に反応して、そのことで調子を崩してしまいました。
マレーは、会場の様々な雑音に過敏に反応することが多く、年中文句を言っている印象がありますが、その後のプレーを見ると調子を崩すことが多いように思います。

それ以外ではいつものマレーで、とにかく安全にクロスやセンターに深いボールを返してディフェンシブに戦うスタイルでしたね。
多くは錦織が先にストレートに展開して攻めていく形でした。
第1セットでは、その攻めがことごとくミスになってしまっていましたが、第2セット以降はラリー戦の主導権は錦織優勢だったように思います。

次のワウリンカも簡単な相手ではありませんが、マレーを破ったのは大きな自信になったでしょうし、こんなチャンスが来年も巡ってくる保証はないので、決勝進出、そして優勝と期待したいです!

モンフィス好調、ジョコまた相手がリタイア、デルポトロ敗れる

モンフィスが、ナダルを破って勝ち上がった同じフランスの若手プイユをストレートで退けました。
ナダルとの激闘の疲れなのか、モンフィスの鉄壁のディフェンスに焦ったのか、プイユの攻めの多くがミスとなり、モンフィスの手の中で踊らされているようでした。
モンフィス、調子いいですね。

ジョコビッチは、相手のツォンガが第3セットに入るところでリタイア。
これで5試合中3試合で相手がリタイアという前代未聞の結果になりました。
今回は一応2セットはやってますが、それにしてもここまでの体力消耗という点では、ベスト4の中で圧倒的に有利な状況でしょう。

そして私も期待していたデルポトロですが、残念ながらワウリンカに6-7、6-4、3-6、2-6で敗れてしまいました。
しかしリオ五輪、そしてこの全米の結果をみても、本当に復活しましたね。
今後の活躍が楽しみです。
錦織は、「なんとなくデルポトロとはやりたくない」と言っていたので、その点ではワウリンカの勝ち上がりは良かったかもしれません。

セレナ敗れる!決勝はプリスコバvsケルバー

セレナが24歳プリスコバに2-6、6-7で敗れ、186週間(約3年半)維持してきた世界ランキング1位の座をケルバーに明け渡しました。
前日にハレプとフルセットを戦ったこともあり、疲労が残ったのかもしれません。

プリスコバは、これまでグランドスラムでは3回戦進出が最高成績です。
もちろん何が起こるかはわかりませんが、実績でみるとここはケルバーが勝ちそうではありますね。

全米オープン2016 第8日結果 錦織、カルロビッチをストレートで破りベスト8!

f:id:mrchildbin:20160828091904j:plain

錦織、長身カルロビッチのサーブを破りベスト8入り

錦織の4回戦の相手は、37歳ベテランのイボ・カルロビッチ(クロアチア)。
今大会、錦織は1回戦のベッカー、3回戦のマウ、そしてカルロビッチと、ベテラン勢との試合が多いですね。
まだまだベテランも元気がいいみたいです。

カルロビッチの特徴はなんといっても211cmの長身。
211cmって・・・・
少し視線を落とすと2mの人の頭のてっぺんが見えるわけですよね。
どんな身長だと。

そんなわけで当然ビッグサーバーです。
速度もそうですが、何より角度がハンパないです。
そしてその巨体を活かしてネットプレーも積極的。
上も横もリーチ、ハンパないです。
カルロビッチの方のコートだけ明らかに狭く見えました。

そんなカルロビッチをどう攻略するのか錦織圭

第1セット、錦織のサーブが非常に良くカルロビッチはリターンミスを連発。
ストローク戦になってもカルロビッチはミスが多く、錦織が完全に優位でした。
カルロビッチがネットに出ても、長身選手の弱点であるボディを積極的に狙う一方、技ありのロブなども決めてみせて錦織が圧倒しました。
さすがにカルロビッチのサービスゲームでは、どうしてもサーブのフリーポイントが入るため手こずりましたが、錦織が第4ゲームでブレイクすると、そのまま6-3でセットを奪います。

第2セットでは、錦織が第1ゲームをいきなりブレイクして、それ以降お互いにキープして。結局そのまま錦織が6-4でセットをとりました。

第3セットは、第10ゲームで15-40と錦織がこの試合で初めてブレイクポイント(セットポイント)を握られますが、なんとか踏ん張りタイブレイクへ。
タイブレイクでは錦織がいきなり6ポイントを連取し、勝負を決めました。

 

リターンに非常に神経を使わなければならない相手でしたが、相手のセカンドサーブをしっかり叩いて攻撃できていたのが良かったと思います。
サーブ側としてはセカンドを叩かれるとファーストにも悪影響が出てきますからね。
またセカンドもリスクを負うようになってダブルフォルトも増えてきます。
第3セットタイブレイクでのカルロビッチの2本のダブルフォルトもそういったことの影響かもしれません。

 

さあ、準々決勝。
マレー戦です。
初日に「順当にいけばマレー。でもそんなに簡単じゃない。」と書きましたが、二人とも実力通りに上がってきましたね。さすがです。
今のマレーはジョコビッチにも勝つ勢いがあるので、相当厳しい戦いになるのは間違いないでしょう。
というか、ここから先は全てそうですね。
でも、錦織もこの全米に照準を合わせてきたはずですし、4回戦を非常に良い形で勝ったので、期待が持てそうです。
楽しみですね。

 

その他の試合では、注目のティームvsデルポトロは、残念ながらティームの途中リタイア。ワウリンカ、マレーは順当に勝ち上がっています。
準々決勝でのワウリンカvsデルポトロも面白そうな試合です。

 

ビーナス無念の逆転負け

女子は、第6シードのビーナス・ウィリアムズが年齢一回り下のプリスコバに6-4、4-6、6-7のフルセット・タイブレイク逆転負け。

そして第4シードのラドバンスカが、クロアチアのアナ・コニュ(2回戦で奈良くるみにストレート勝ち)にストレート負けを喫しています。
アナ・コニュは、ジュニア世界一の実績を持つ18歳で、いよいよ本格化の予感ですね。

セレナとハレプは順当に勝ち上がっています。

 

ブログランキングに参加しております。
あなたのワンクリックが明日の記事を書く活力になります。

にほんブログ村 テニスブログへ
にほんブログ村

全米オープン2016 第7日結果 ナダル、4時間超の激闘!フルセットで力尽きる

f:id:mrchildbin:20160828091904j:plain

ナダルが22歳プイユにフルセットで敗れる

この日の試合で最もエキサイティングだったのは、ナダルvsプイユ。

フランスのルカ・プイユは、キリオスとともに注目されていた22歳の若手で、前回のウィンブルドンではQFに進出していよいよ世界のトップクラスの仲間入りかという選手です。

第1セット。いきなりプイユがやってくれます。
強烈なストロークで、あのナダルを押し込み次々にエースを取っていき、気が付けば6-1でセット奪取。

続く第2セットはナダルが反撃して6-2でナダル。しかし第3セットはプイユが6-4で取り返す一進一退の攻防。
ここまででナダルからセットカウント1-2。

ナダルには後が無い第4セット、第6ゲームを先にブレイクし4-2としたナダルでしたが、直後の第7ゲームでブレイクバックを許します。
しかし、第8ゲームをもう一度ナダルが踏ん張りブレイク。ナダルが6-3でセットを取り、ついにファイナルセットへ。

ファイナルセットの出だし、第1ゲームをいきなりナダルがブレイク。
やはり最後はナダルかと思いましたが、プイユもその後はしっかりついてきて、ついに第8ゲームをプイユがブレイク。

勝負はタイブレイクへ・・・
グランドスラムの中で唯一、全米オープンだけがファイナルセットもタイブレイクを行います。)

やはり体力的に分があるプイユが有利に進め、ついに6-3。3本のマッチポイントを掴みます。
それでも諦めないナダル
なんと土壇場で、この3本のマッチポイントを凌ぎ、6-6イーブンまでもってきます。

しかしその後、プイユが連続ポイントして、ついにナダルが力尽きました。

4時間を超える激闘で、本当に最後の1ポイントまでわからない素晴らしい試合でした。

これが新旧交代となるかどうかは、まだわからないと思います。
ただ、確実に新世代は力を伸ばしてきています。

フェデラーからジョコビッチ・マレー世代ときていますが、当然この世界は世代順で世界ナンバーワンがまわってくるわけではありません。
世代順でいけば、次は錦織世代がくることになりますが、ティーム・キリオスそしてこのプイユなどその下の世代が飛び越えてくることも十分あり得ます。

ただ、アラフォーの私個人の見方では、ベテランが活躍してくれると勇気をもらえます。

 

この日の他の試合は、ツォンガ・モンフィスが勝ち、この日はプイユと合わせてフランスデーになりましたね。4試合中3試合でフランス人が勝っています。
そしてジョコビッチは相手の棄権が無くようやく最後まで試合をしましたが、ストレートで勝ち、かなり体力を温存できてるんじゃないかと思います。

 

ウォズニアッキがキーズを破る

女子では、元世界ランキング1位ながら近年はふるわず、今大会もノーシードだったウォズニアッキが、大坂なおみに勝った第8シードのキーズを破ってベスト8に進出しました。
活躍は長いですが、まだ26歳と若い選手です。
そして、美人さんですが写真で見るといつも違った感じに見えます・・・。

それにしても、大坂なおみがキーズに勝てば、準決勝のケルバー戦までいけるんじゃないかなどと期待していましたが、そのキーズも結局このウォズニアッキに負けるわけですから、やはり厳しい戦いですねグランドスラム

 

ブログランキングに参加しております。
あなたのワンクリックが明日の記事を書く活力になります。

にほんブログ村 テニスブログへ
にほんブログ村

全米オープン2016 第6日結果 錦織出だし苦しむも危なげない勝利

f:id:mrchildbin:20160828091904j:plain

錦織3回戦、第1セット落とすもその後は圧倒

フランスのニコラ・マウと3回戦を戦った錦織。

第1セットは、マウとのラリーにリズムを掴めず、錦織にしては珍しくなかなかラリー戦で主導権を握れませんでした。
マウはフォア強打で錦織を押し込んで体勢を崩し、ネットに詰めるというパターンで多くのポイントを重ねます。
このセットではファーストサービスの確率もよくなかった錦織が第5ゲームでブレイクされると、そのまま4-6でセットを落としてしまいました。

しかしその後は、第2セット途中でブレイクされそうになる場面があったものの、そこをしのいで勢いに乗った錦織が6-1、6-2、6-2と3セット連取。
マウを全く寄せ付けず、勝利しました。

マウは第2セット中盤以降は、体力的な問題なのか集中力を欠いてしまっているようにも見えました。

これで錦織はベスト16に進出。
でも、まだまだこんなものじゃないはず。
次の4回戦では、第21シードのイボ・カルロビッチ(クロアチア)との対戦になります。

 

その他の男子では、マレー・ワウリンカ・ティームあたりが順当に勝ち上がり。
そして、やっぱり来ましたデルポトロ。フェレールをストレートで破って4回戦進出。
次は第8シードのティーム。いよいよ頭角を現した23歳と、一時は引退を考えた27歳との対決、楽しみです。

キリオスは残念ながら第3セットで棄権となってしまいました。

 

女子は順当

女子のトップハーフはウィリアムズ姉妹やラドバンスカ、ハレプなど、ほぼシード順通りに順当な結果。
残っている選手は、ほとんどセットを落とさずにここまで来てますね。

 

ブログランキングに参加しております。
あなたのワンクリックが明日の記事を書く活力になります。

にほんブログ村 テニスブログへ
にほんブログ村

X-BLADE(エックスブレード)VIシリーズ インプレッション

BRIDGESTONEブリジストン)のX-BLADE(エックスブレード)VIシリーズを試打してきましたので、その感想・レビューをご報告。

まずこのシリーズ、ラインナップが豊富なのですが、大きくは以下の2ラインです。

・ボックス形状、フェイス面積100インチ未満、薄めフレームのVIシリーズ

・ラウンド形状、フェイス面積100インチ、中厚フレームのVI-Rシリーズ

公式サイトではVIが「しなり&コントロール」、VI-Rが「パワー&スピン」と簡単な特徴が記載されています。

そしてVIとVI-Rそれぞれで3機種ずつ重さの違う(重さだけではありませんが)ものがラインナップされて、以下の全6機種という構成です。
モデル名に付いている数字が重さを表しています。

・VI310(95インチ、フレーム厚も他のVIより1mm薄い)
・VI305(98インチ、VI295とフレーム厚は同じ)

・VI295(98インチ)
・VI-R300(VI-Rは全部100インチで、フレーム厚も全部同じ)
・VI-R290
・VI-R275

このシリーズは、さらにこれをカスタマイズすることができます。
ラケットヘッドやサイドにパーツをつけることにより重さを増してバランスを変えたり、グロメットの色を変えたり、グリップを少し長いものに交換できたりという感じです。
バランス変更は鉛テープでもおなじことができるんじゃないかと思いますが、そこはまぁそれとしてアレでしょう。

今回私は、このうちVIの方がVI295、VI-Rの方がVI-R300を試打しました。

X-BLADE VI 295

f:id:mrchildbin:20160903223726j:plain

スペックは以下の通り。

フェイス面積 98平方インチ
フレーム厚 23-22-22mm
重さ 295g
バランス 320mm
ストリングパターン 16×19

 

メーカー側は「しなる」と言いますが、それほどフレームの柔らかさ・しなりは感じませんでした。
というか、けっこう硬いと思います。
丁度同じタイミングでYONEXのVCOREシリーズを試打した(その記事はこちら)ので、その比較でいくとかなり硬く感じました。

そのため球離れが早く、ボールを持ってくれるというよりは弾くイメージです。
打感は「スカーンッ」ですかね。(ちなみにしなってボールを持つラケットの打感は「ポッコーン」)

ただ、硬いといっても手に振動がくる打球感の硬さがあるわけではなく、フレームがしっかりガッシリしていて頼もしい感じです。
それにより面のブレが抑えられて、ボールが非常に安定しました。

またフレームが薄いわりに硬いため、他の同スペックのラケットに比べてボールを弾くので、ボールが飛びます。
それでいて当然、中厚系のラケットほど飛ぶわけではないので、「オーバーパワーで飛び過ぎる」というような心配は少ないと思います。

このスペックである程度弾きでボールを飛ばしてくれるので、「中厚だと飛び過ぎちゃうんだけど、薄型ボックスだとパワーが足りない」という方には丁度いいモデルではないでしょうか。

逆に「しなってボールを持って欲しい」という方には、このモデルは合わないんじゃないかと思います。

 

X-BLADE VI-R 300

f:id:mrchildbin:20160903223659j:plain

スペックは以下の通り。

フェイス面積 100平方インチ
フレーム厚 23-26-22mm
重さ 300g
バランス 320mm
ストリングパターン 16×19

 

メーカーが「VI-Rはフレームの剛性感を高めた」と言っていて、私はそうじゃないはずのVIの方で既にけっこうな剛性感を感じましたので、こちらのVI-R300も当然フレームは硬いです。
VIよりもっと硬いです。

ただ、この硬さに対する印象は上で書いたVIのものと同様、しっかりガッシリというもので決して嫌な感じではありません。

そしてもちろん中厚のラウンド形状なのでVIより飛びますし、ボールスピードは上がります。
これをオーバーさせずにコートにねじ込めれば強力な武器になるでしょう。

私はピュアアエロ・ピュアドライブを使っており、似たようなスペックということになりますが、VI-R300のフレームの剛性感がかなり高く、それによって強打されても負けない(ブレない)頼もしさがある一方で、ボールを全く持ってくれずに弾き返してしまいます。

 

まとめ

全6機種となりますが、男性であればVI305・VI295・VI-R300あたり、女性であればVI-RシリーズかVI295といったところを選ばれることが多いと思います。

2機種を試打してみて、強く印象に残ったのは剛性感。
打感が硬いというわけではないのですが。

「打つ」というよりは「弾き返す」というイメージでした。
どんなボールを打たれても、その打たれたボールの影響を無効化して弾き返すことができそうなラケットです。それほどの剛性感。

一方でVI295のところでも書きましたが、球離れが早くて弾く感じが好きじゃない方には当然合わないでしょう。

 

YONEX VCORE SVシリーズも似たようなラインナップがあり以下でインプレッションを書いてますので、よろしければ合わせてお読み下さい。

 

ブログランキングに参加しております。
あなたのワンクリックが明日の記事を書く活力になります。

にほんブログ村 テニスブログへ
にほんブログ村

全米オープン2016 第5日結果 大坂なおみ、掴みかけた金星逃す

f:id:mrchildbin:20160828091904j:plain

大坂なおみ、ほぼ掴んだ金星がその手からこぼれ落ちた

基本的に男子中心に試合結果を書いていますが、今日は女子から。
というか、大坂なおみから。

3回戦、第8シードのマディソン・キーズと世界最大のセンターコート、アーサー・アッシュで対戦しました。

第1セット、いきなり第1ゲームを大坂がブレイク。
キーズにはミスも目立ちましたが、大坂も得意のサーブが不調で接戦に。
結局、先に6ゲームを取った後の第12ゲームでキーズがリターンで積極的に攻め、キーズがセットを奪いました。

第2セットも接戦で、4−4で迎えたキーズのサービスゲーム。40−0から突然キーズが崩れてダブルフォルトを含むミス連発で大坂がここをブレイク。
そのまま大坂がセットを取り、セットカウントは1−1。

そして第3セット・・・・

キーズはさらにミスが多くなり、大坂が5−1とリード。
あと1ゲーム。
あと1ゲームで、世界ランキング9位の第8シードに勝てる。
その先は、準決勝までキーズより強い相手には当たらない。
ここから4ゲームやる間の1つだけを取ればいい。
ここまでこのセットを6ゲームやって、そのうち5ゲームを取っているんだ。
残り4ゲームのうち1つを取ることなんて、簡単だ。

・・・簡単じゃなかった。

勝利を決める最後の1ゲームのなんと難しいことでしょうか。

地元の声援を受けたキーズがここから怒濤の反撃でタイブレークに持ち込み、その勢いのまま勝利を手にしました。

大坂は2回戦でもドゥアン・インインに4−0から追いつかれた場面があったので、余裕が出ると少し油断してしまうところがあるのかもしれません。
まだ若いですし、経験不足もあるかもしれません。

それでもやっぱり、リードしてそのままの勢いで勝ち切るというのは、本当に難しいことなんだと思います。
世界トップクラスの選手にも、今回のようなことはよく起きますし。

この試合は本当に残念でしたが、大坂なおみにとって大きな経験になったでしょうし、トップ10相手に既に十分通用する実力があることが証明されました。

来シーズンのグランドスラムでの活躍が今から楽しみです。

 

その他、この日行われた女子のボトムハーフは、まぁほぼほぼ順当という結果でしたかね。

 

チリッチ、地元ジャック・ソックに破れる

2年前、決勝で錦織を破って優勝したチリッチが、3回戦で地元アメリカのジャック・ソックに4-6、3-6、3-6でまさかのストレート負け。
大坂なおみに勝ったキーズもそうですが、やはり地元勢は強いですね。
メンタルがモロに結果に出るスポーツだけに、応援の影響力は大きいと思います。

そしてジョコビッチは、2回戦に続き、またも相手の故障リタイアでわずか6ゲームやっただけで勝利。

あんた、どんだけラッキーなんだと。

ジョコビッチ自身も手首に不安をかかえる中で、これだけ休めるのは本当に大きいと思います。

次のエドマンドは、なんとかリタイアせずにジョコビッチに挑んで欲しいです。

 

ブログランキングに参加しております。
あなたのワンクリックが明日の記事を書く活力になります。

にほんブログ村 テニスブログへ
にほんブログ村

全米オープン2016 第4日結果 錦織3回戦進出も完勝とはいかず

f:id:mrchildbin:20160828091904j:plain

錦織がカチャノフ下し3回戦進出

雨のため1時間遅れての試合開始となった錦織の2回戦。

相手はロシアの20歳新鋭カレン・カチャノフ。
198cmと長身のビッグサーバーで、予選から勝ち上がって初めてのグランドスラム出場を果たしました。

第1セットは、第5ゲームで2本のダブルフォルトを犯し先にブレイクを許します。
しかし、カチャノフも掴んだチャンスをものにできず直後の第6ゲームでダブルフォルトのお付き合いをしてくれたので、錦織がブレイクバック。
結局、錦織が6-4でセットをとりました。
緊迫したキープ合戦でブレイクに成功した後の自分のサービスゲームって本当に難しいです。
世界ランカーですら慎重になり過ぎたりしてブレイクバックを許す場面をよく見るので、なかなか簡単に克服できるようなものでもないのでしょうけど。

第2セットは、互いにキープが続き、第9ゲームでリターンで勝負をかけてきたカチャノフがブレイク。
その後、ビッグサーブがビシバシ決まりカチャノフがセットをとりました。

第3セットもキープが続き、4-4時点で2時間半の雨天中断。
この時点で私の眠気が限界を迎え、ここから先は観ていません。
結局、再開後に錦織が2ゲームを連取して、このセットをとります。

第4セットは早々とブレイクを許した錦織でしたが、その後は5ゲーム連取でこのセットを奪い、試合を決めました。

実力に差があっても1セット単位では何があるかわかりませんが、やはり5セットマッチになると底力の差みたいなものが出てくるんでしょうね。
もちろん番狂わせも起きますが、5セットマッチでのそれは少なくともその日の力としては勝者が上回っていたということなんだろうと思います。
3セット取るということは、ラッキーや一時の試合の流れで押し切れるようなものではありませんよね。

3回戦の相手は、フランスの34歳ベテラン、ニコラ・マウ。
1回戦のベンジャミン・ベッカーに続いてのベテランとの対決になりますね。

これを勝って、その次も勝てれば、順当にいけばマレーとベスト4進出をかけて戦うという流れですね。

でもまずは3回戦。頑張って欲しいです。

 

この日の他の男子は、マレー・ティーム・ワウリンカ・キリオス・フェレールと順当に勝利。
そしてデルポトロもストレートで勝ちましたね。
次はフェレールとですか。
復活したデルポトロは実力的には高いシードがついてもいいくらいでしょうから、フェレールにとっては迷惑な話ではありますね。

 

奈良くるみは3回戦進出ならず

女子はウィリアムズ姉妹をはじめとして、シード順位の高い選手達はしっかり勝って順当。
奈良くるみは、アナ・コニュに敗れて残念ながら3回戦進出はなりませんでした。

第5日では、大坂なおみがいよいよ第8シードのマディソン・キーズと対戦します。
大坂なおみのトーナメントの山ではムグルッサやクズネツォワが既に敗退しているため、このキーズに勝てれば、トップ10シードまでの選手は準決勝まで当たりません。
まぁ、ムグルッサやクズネツォワを破った選手が上がってくるので、もちろん簡単ではありませんが・・・。
それでも大坂なおみには、期待せずにはいられないのです。

 

ブログランキングに参加しております。
あなたのワンクリックが明日の記事を書く活力になります。

にほんブログ村 テニスブログへ
にほんブログ村