テニスの話をしよう

アラフォー男子、テニスに本気。さあ、テニスの話をしよう!

無謀にもオープン大会に出場してみた 前編

テニスブログを始めよう!

そう思い立った、忘れもしないあの日。

それがどの日だったかは、言ってるそばから忘れたのだけど、ブログスタートの日はこの日にしようと決めていました。

 

2016年8月20日(土)

 

私が初めてオープン大会に出場する日。

 

中学からテニスを始め、高校まででやめてしまっていたテニスでしたが、約20年の時を経てアラフォーとなった私は2015年2月に突然、「またテニスやるぞ!」と叫び、立ち上がったのです。そして、座ったのです。

そこから1年半練習に練習を重ね、ついにご近所で開催されるオープン大会出場の切符を手にしました。(申し込んで参加費振り込めば誰でも出られます。それが「オープン」。)

 

出場する男子一般シングルスのドロー数は45。

周辺地域の猛者達が集まる大会で、近くのテニススクールのコーチなんかもチラホラ出てきます。

現在の私では、コーチクラスと当たろうものなら瞬殺必至でひとたまりもないわけですが(たぶん、サーブ返せない)、とにかく一度背伸びしてみることで初めて見えてくる世界もあるんじゃなかろうかということでエントリーした次第なのです。

コーチクラスと当たるんなら、それはそれでプライベートレッスンだと思えばお得だぞと。

先ほど「周辺地域の猛者達が集まる大会」と書きましたが、おそらく私と同じような「出場することに意義がある組」もある程度は混ざっているんじゃないかと思います。

 

そして今朝。

少し緊張した面持ちで試合会場へ車を走らせる私。

フロントガラスに、ポツリポツリ・・・

 

試合会場に到着。

 

ザァーーーザァーーーーードゥザァーーーーーー

 

土砂降りですやん。

最後、「ドゥザァー」って「ドゥ」付いてましたやん。

 

とりあえず、試合受付へ・・・

 

「こんな天気だし、コートに水溜まりもできてるんで明日に延期です。」

 

私は、様々な思いを胸に

 

「・・・ですよね!」

 

と元気よく答え、会場到着後36秒後に会場を後にしました。

同じように会場を後にする選手の中には、豪雨の中をチャリンコで帰っていく方もいました。彼が明日、発熱のため欠場なんてことにならないことを祈るばかりです。

自宅付近ではほとんど降ってなかったのですが、試合会場ではけっこう前から土砂降りだったようです。

 

そういうわけで、オープン大会出場の記事で華々しくテニスブログ界(どこにあんの?その界)にデビューしようと思っていたのに、デビュー記事が雨天順延の記事になってしまいました・・・。

明日は試合やりたいなぁ・・・

 

明日の試合の課題は、「リキまずに振り抜く」です。
ラケットをしっかり振り抜かずにビビってボールを置きにいくようなスイングだとスピンがかからなくてかえって安定しない。だからといって「しっかり振る」ことを意識し過ぎると余計な力が入ってこれまたミスが多くなる。

だから「リキまずに振り抜く」

ボールを置きにいったら自分の実力を出し切れない。リキまなきゃ打てないような強打をしたら自分の実力をオーバーする。

だから「リキまずに振り抜く」

 

明日はリキまずに振り抜くことができていれば、そのボールがミスになろうが気にしないことにします。

現在の私の実力そのままをぶつけて、

 

そう、ありのぉーーーままのぉーーーー姿みせーるぅーのよぉーーー

 

な感じで、頑張りたいと思います。

むしろ試合中、口ずさみたいと思います。

 

以下の後編に続きます。


ブログランキングに参加しております。
清きワンクリック応援、よろしくお願い申し上げます。

にほんブログ村 テニスブログへ
にほんブログ村