読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テニスの話をしよう

アラフォー男子、テニスに本気。さあ、テニスの話をしよう!

テニスで帽子とサングラスが絶対必要な理由

f:id:mrchildbin:20160827123058j:plain

私は日中アウトドアでテニスをする場合、必ず帽子とサングラスを着用しています。

以前は両方とも着用していなかったのですが、今はもう無くてはならない必需品となっています。

身体のダメージを抑える効果はもちろんですが、着用しない場合に比べてプレーのパフォーマンスも上がるメリットがあります。

一方、デメリットとしては、それまで着用していなかった人が感じる違和感くらいじゃないでしょうか。
それもほとんどの場合、しばらく着用していれば気にならなくなると思います。

ただ帽子については、頭皮の蒸れを気にする方がいるかもしれませんね。これはまあ、蒸れます。一応、私もそれを気にしてメッシュタイプの帽子にしていますが、それでも蒸れます。
プレー中もこまめに帽子を外して、少しでも蒸れを逃がしてやるとよいと思います。

 

帽子のメリット

日中アウトドアでのテニスでは、長時間紫外線にさらされることになります。
頭皮が紫外線にやられると、薄毛の原因にもなりますので要注意です。

帽子があればそんな紫外線をブロックできますし、夏場は熱中症対策としても有効です。
夏の炎天下でテニスをする場合は、熱中症リスクが跳ね上がりますので、帽子は本当に必須だと思います。
通常、猛暑日熱中症への注意喚起として「冷房を適切に使用し水分補給をしっかりと」なんて言われているのに、太陽丸出しのコート上で全力で動き回るわけですから正気の沙汰ではありません。せめて帽子くらいはかぶりましょう。

また夏場は、熱中症にならないまでも頭や顔に直接太陽が当たり続けていると疲労の蓄積スピードがびっくりするほど上がるので、これを帽子で防いでやるだけでも疲労を軽減し、結果としてプレーのパフォーマンスが上がります。
夏に負けない体力作りをするより、とりあえず帽子をかぶれと言いたいのです。

さらに帽子は、頭から顔に流れてくる汗を止めてくれるメリットもあります。
顔に汗が流れてくると目に入ったりと気になりますし、サングラスや眼鏡をかけている場合、下を向いた拍子にその汗がレンズに付いたりして邪魔になります。
この汗ストップ効果も帽子の大きなメリットの一つですね。

 

サングラスのメリット

 紫外線は目にもよくありません。
また、ずっと太陽の明るすぎる光の中にいると目が非常に疲れてきます。そしてそれに伴って身体にも疲れが及んできます。

サングラスは紫外線をカットしてくれ、目の疲れ(そして身体の疲れ)もかなり軽減してくれます。
それによってスタミナが長く続くようになります。
夏に負けない体力作りをするより、とりあえずサングラスをかけろと言いたいのです。

また、サービスやスマッシュなどでボールが太陽にかぶることがありますが、そのような場合でもサングラスを着用していれば格段に打ちやすくなります。(さすがに太陽とボールが完全に重なると厳しいですが)

偏光レンズを使ったサングラスがオススメで、このレンズであればコート面の反射光を抑えてくれるため、より眩しさが軽減され、コート上のラインも見やすくなります。

帽子とセットで着用すれば、会いたくない人に遭遇してしまった場合でも気付かれずにやり過ごせるかもしれません。

まとめ

帽子もサングラスも健康面で身体を守る効果に加え、プレーのパフォーマンスにモロに影響する疲労を抑えてくれるというのが大きいです。
さらに、帽子なら汗が顔に流れるのを防いだり、サングラスならボールやコートのラインが見やすくなったりと色々なメリットがあります。
夏場での効果が最も高いですが、冬でも紫外線はありますので同じです。

「何かを着けてプレーするのは気になる」という理由で避けている方も多いと思いますが、是非一度は試してみていただければと思います。

 

ブログランキングに参加しております。
清きワンクリック応援、よろしくお願い申し上げます。

にほんブログ村 テニスブログへ
にほんブログ村