テニスの話をしよう

アラフォー男子、テニスに本気。さあ、テニスの話をしよう!

両手バックハンドの高い打点の打ち方はコレだ!

両手バックハンドの高い打点は難しい

「両手バックハンドの高い打点で力が入らない。」

「バックハンドにきたチャンスボールを叩けない。」

「叩いても大きくアウトしたり、ネットに突き刺さったり・・・。」

そんなお悩みをよく聞きます。

誰から聞くかって?

私です。

お悩みなのは私です。

バックハンド側に高く弾むボールが来ると、もうどうすればいいのかわからない。
特にスピンサーブでバックに跳ねるサーブなんか打たれた日には、途方に暮れて遠くを見つめてしまいます。そんなサーブはルールで禁止にして欲しいと思うほどです。

さすがにどうにか返さなければならないので一応頑張って返しはするのですが、やれることといえば、かかってるかどうか怪しいスピンをかけた中ロブか、スライスでの返球くらい。

 

そんなわけで、私が信頼するコーチにその辺のところをどうすればいいのか聞いてみました。

私だって、バックに来たチャンスボールを「チャンスだ!」と思いたいんだと。
なんでチャンスボールがピンチになるんだと。
そこら辺の思いの丈をぶつけてみたわけです。 

打ち方のコツ 

コーチのアドバイスによると、

「ラケットを高く構えて、そこから面をかぶせるようにインパクトして、ラケットヘッドを走らせていく」

ということらしいです。

 

なんだかわかりませんか?

 

要はですね・・・

 

こう!

f:id:mrchildbin:20160829162114j:plain

 

この写真の人、噂ではかなりバックハンドが上手な方らしいので参考になると思います。
確か、変わった名字だったと思います。

それにしてもこのウェア、どうなんでしょうか・・・右と左で色違いで特にこの黄緑色がダサいんj今はそんなことどうでもいい!!

そして何よりお前は錦織大先生に謝れ!

なにが「かなり上手な方」だ!!

世界トップクラスのバックハンドだぞ!!

 

独り言はさておき、このインパクトの後、ラケットヘッドがネット方向に走っていきます。
よく、高い打点のリターンなんかで打っているのを見ますね。

 

打ち終わりのイメージはこんな感じだと思います。

f:id:mrchildbin:20160829164839j:plain

くぅー!カッコいいっす!!

錦織大先生、カッコいいっす!!

私もそんなん、打ちたいっす!!!

 

独り言はさておき、その他のコツとして言われたのは以下の点。

  • 構える際にラケットを立てて、ラケットヘッドはグリップエンドよりネット方向に向けておく
  • 手打ちにならないように左半身をボールにぶつける様なイメージで打つ

 

実際に打ってみると、今まで全く力が入らず弱々しいボールしか返せてなかったバックハンドの高い打点で、かなり球威のあるボールを打つことができました。

高い打点からトップスピンをかけようとしても、その高い打点のさらに上にラケットを振り抜かなければならないので、相当大変なんですよね。
仮にトップスピンがかけられたとしても、いったん上がってその後落ちるスピンの軌道では、スタートの高さが既に高いためにボールが上がり過ぎ、落ちきらずにアウトするリスクが非常に高くなります。
ボールスピードもスピンの分、遅くなってしまいますし。

ですので、少しラケット面をかぶせ気味にしてボールを押さえ込みながら、フラットで叩くということになるようです。

 

とりあえず、アドバイス直後のレッスンではある程度は打てるようになりましたが、当然、そのままにしておけば次の日以降はスッカリ元通りになってしまいます。

これからブンブン素振りして、練習でも積極的に使って、徐々に自分のものにしていきたいと思います。

 

バックハンドに興味のある方にあわせて読んで欲しい記事はこちら

両手バックハンドの上達のコツは左手フォアハンド練習 - テニスの話をしよう

両手バックハンドの苦手さ加減を大公開 - テニスの話をしよう

 

ブログランキングに参加しております。
清きワンクリック応援、よろしくお願い申し上げます。

にほんブログ村 テニスブログへ
にほんブログ村