テニスの話をしよう

アラフォー男子、テニスに本気。さあ、テニスの話をしよう!

全米オープン2016 第1日結果 ジョコビッチ勝利も不安残す

f:id:mrchildbin:20160828091904j:plain

 

いよいよ開幕した全米(US)オープン。

大会第1日が終わりました。

日本勢の結果は、

西岡良仁がアンダーソンに3-6、5-7、4-6のストレート負け。

土井美咲はビットヘフトに4-6、1-6のストレート負け。

大坂なおみはバンダウェイに6-7、6-3、6-4で逆転勝利。

 

西岡良仁、土井美咲は残念でしたが、やはり大坂なおみがやってくれました!

全米オープン初勝利、おめでとうございます!

それにしても大坂さん、200キロ越えのサーブって・・・

今大会ももちろんですが、将来がとても楽しみな選手です。

 

私が第1日で観戦したのは、ジョコビッチ vs ヤノビッチ。

結果はジョコビッチから6-3、5-7、6-2、6-1でジョコビッチの勝利。

ただ、ジョコビッチはもともと故障していた左手首に加え、この試合中のメディカルタイムアウトで右手首のマッサージを受けており、サーブやフォアハンドが明らかにおかしい場面がありました。

そして、その痛みからなのかわかりませんが、ジョコビッチの表情やプレーから勝利への意欲があまり感じられませんでした。
特に第2セットを落としてから第3セットの序盤あたりでは、全くやる気が無くなってしまったようにも見えましたので、ヤノビッチもやりにくそうでした。

しかし、結局は第3、第4セットともにポイント的には余裕の結果だったので、やる気を失ったような雰囲気も、第2セットをとってヤノビッチに行きかけた流れを止めるための高度な心理戦術だったんじゃないかと勘ぐったりもしてしまいますが・・・。

最近、結果を残せていないジョコビッチ
今大会もこの先が少し不安な初戦でした。

 

その他の男子は、ナダル、ラオニッチ、チリッチ、ツォンガなどシード勢が順当に勝ち上がりました。
しかし、ドイツのエドマンドにガスケが負けてしまいましたね。しかもストレート負け。昨年はベスト8、2013年にはベスト4に進出していただけに、初戦敗退はショックだったろうと思います。
まぁ昨年、錦織もまさかの初戦敗退となりましたし、こういうことは当然起きますよね。

 

ブログランキングに参加しております。
あなたのワンクリックが明日の記事を書く活力になります。

にほんブログ村 テニスブログへ
にほんブログ村