読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テニスの話をしよう

アラフォー男子、テニスに本気。さあ、テニスの話をしよう!

X-BLADE(エックスブレード)VIシリーズ インプレッション

BRIDGESTONEブリジストン)のX-BLADE(エックスブレード)VIシリーズを試打してきましたので、その感想・レビューをご報告。

まずこのシリーズ、ラインナップが豊富なのですが、大きくは以下の2ラインです。

・ボックス形状、フェイス面積100インチ未満、薄めフレームのVIシリーズ

・ラウンド形状、フェイス面積100インチ、中厚フレームのVI-Rシリーズ

公式サイトではVIが「しなり&コントロール」、VI-Rが「パワー&スピン」と簡単な特徴が記載されています。

そしてVIとVI-Rそれぞれで3機種ずつ重さの違う(重さだけではありませんが)ものがラインナップされて、以下の全6機種という構成です。
モデル名に付いている数字が重さを表しています。

・VI310(95インチ、フレーム厚も他のVIより1mm薄い)
・VI305(98インチ、VI295とフレーム厚は同じ)

・VI295(98インチ)
・VI-R300(VI-Rは全部100インチで、フレーム厚も全部同じ)
・VI-R290
・VI-R275

このシリーズは、さらにこれをカスタマイズすることができます。
ラケットヘッドやサイドにパーツをつけることにより重さを増してバランスを変えたり、グロメットの色を変えたり、グリップを少し長いものに交換できたりという感じです。
バランス変更は鉛テープでもおなじことができるんじゃないかと思いますが、そこはまぁそれとしてアレでしょう。

今回私は、このうちVIの方がVI295、VI-Rの方がVI-R300を試打しました。

X-BLADE VI 295

f:id:mrchildbin:20160903223726j:plain

スペックは以下の通り。

フェイス面積 98平方インチ
フレーム厚 23-22-22mm
重さ 295g
バランス 320mm
ストリングパターン 16×19

 

メーカー側は「しなる」と言いますが、それほどフレームの柔らかさ・しなりは感じませんでした。
というか、けっこう硬いと思います。
丁度同じタイミングでYONEXのVCOREシリーズを試打した(その記事はこちら)ので、その比較でいくとかなり硬く感じました。

そのため球離れが早く、ボールを持ってくれるというよりは弾くイメージです。
打感は「スカーンッ」ですかね。(ちなみにしなってボールを持つラケットの打感は「ポッコーン」)

ただ、硬いといっても手に振動がくる打球感の硬さがあるわけではなく、フレームがしっかりガッシリしていて頼もしい感じです。
それにより面のブレが抑えられて、ボールが非常に安定しました。

またフレームが薄いわりに硬いため、他の同スペックのラケットに比べてボールを弾くので、ボールが飛びます。
それでいて当然、中厚系のラケットほど飛ぶわけではないので、「オーバーパワーで飛び過ぎる」というような心配は少ないと思います。

このスペックである程度弾きでボールを飛ばしてくれるので、「中厚だと飛び過ぎちゃうんだけど、薄型ボックスだとパワーが足りない」という方には丁度いいモデルではないでしょうか。

逆に「しなってボールを持って欲しい」という方には、このモデルは合わないんじゃないかと思います。

 

X-BLADE VI-R 300

f:id:mrchildbin:20160903223659j:plain

スペックは以下の通り。

フェイス面積 100平方インチ
フレーム厚 23-26-22mm
重さ 300g
バランス 320mm
ストリングパターン 16×19

 

メーカーが「VI-Rはフレームの剛性感を高めた」と言っていて、私はそうじゃないはずのVIの方で既にけっこうな剛性感を感じましたので、こちらのVI-R300も当然フレームは硬いです。
VIよりもっと硬いです。

ただ、この硬さに対する印象は上で書いたVIのものと同様、しっかりガッシリというもので決して嫌な感じではありません。

そしてもちろん中厚のラウンド形状なのでVIより飛びますし、ボールスピードは上がります。
これをオーバーさせずにコートにねじ込めれば強力な武器になるでしょう。

私はピュアアエロ・ピュアドライブを使っており、似たようなスペックということになりますが、VI-R300のフレームの剛性感がかなり高く、それによって強打されても負けない(ブレない)頼もしさがある一方で、ボールを全く持ってくれずに弾き返してしまいます。

 

まとめ

全6機種となりますが、男性であればVI305・VI295・VI-R300あたり、女性であればVI-RシリーズかVI295といったところを選ばれることが多いと思います。

2機種を試打してみて、強く印象に残ったのは剛性感。
打感が硬いというわけではないのですが。

「打つ」というよりは「弾き返す」というイメージでした。
どんなボールを打たれても、その打たれたボールの影響を無効化して弾き返すことができそうなラケットです。それほどの剛性感。

一方でVI295のところでも書きましたが、球離れが早くて弾く感じが好きじゃない方には当然合わないでしょう。

 

YONEX VCORE SVシリーズも似たようなラインナップがあり以下でインプレッションを書いてますので、よろしければ合わせてお読み下さい。

 

ブログランキングに参加しております。
あなたのワンクリックが明日の記事を書く活力になります。

にほんブログ村 テニスブログへ
にほんブログ村